次回例会は
『スノーデン』(2016年アメリカ・ドイツ・フランス映画)
  上映時間:2時間15分
2017年7月8日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『悼む人』

昨日、呉ポポロにて『悼む人』を観てきました。
数年前に原作は読了。
私は映画サークルのほか、読書サークルにも入っていて(幽霊ですが)
この会は出席できたし、原作の独特の魅力に惹かれていたこともあり印象に残る作品の一つでした。

41rT1x-8EcL__SY344_BO1,204,203,200_


原作では、劇中井浦新さん演じる甲水朔也が一番好きなキャラクターでした。
クセがあって、痛いところをついてきて、嫌味で皮肉屋で、でも、だからこそ一番人間臭いというか。

cast_p_iura.jpg


しかし、原作を読んでいる人は、原作と映画は別物と思って観た方がイイかと思います。
原作に基づいて、堤監督が違うアプローチをしている作品だと感じました。

d513cdd20d5a68d8fd271d29f7d57a39.jpg


まず、石田ゆり子演じる倖世が高良健吾演じる静人と一緒に旅をすることになったくだりがすべて省略されているのが残念でした。いきなり旅にくっついてきていて…原作読んでない人は違和感があったんじゃ?ここちゃんとしていればもっと感情移入できていたのに。。。と。。

原作を読んでいる分、どうしても比べてしまうのだけど、映画は主人公の静人はあまり出てきません。なんなら一番セリフが少ないのではないかと思うくらい。まさに、静人。静かな人。こういう設定に持ってくるのは大変だったんじゃないかなあ。それに、主張しすぎずな主演。。高良さんも大変だったのでは。
でも、もちろん静人がいないと成り立たない構成になってるし、悼む、という行為そのものではなく、静人の周辺(家族)や生(≒性)と死を中心に描いていて、あの原作を映画にするのは本当に大変だったと思うけど(まず尺が)
節々に堤監督臭を織り交ぜながら進んでいきます。切な苦しいあの雰囲気。

朔也も、なんだかちょっと哲学的な雰囲気になっていて、あれはあれでアリとうか、映画ではこう!という風に割り切れるキャラクターになっています。脚本と監督と、そして井浦さんのすごさ・・・!!
他に、大竹しのぶさんはじめ、椎名桔平さんや、キャスティングが豪華で、知らない人が誰も出てこないです。。

ただちょっと濡れ場の尺が長すぎて、あんなにいるのかなあ、それなら違うところに時間使ってほしかったなとは思いました。
だけど、生≒性 とするならば必要な描写だったのかもしれないね。
石田ゆり子の濡れ場で集客を狙っていたが大コケしたという記事も読みましたが、まぁそういう眼差しを持つ人が観たところできっとどうでもいい映画という評価になるだけだろうなあ。

全体的には語りすぎず、語らなさすぎずのバランスですごいです。

今回、こんなに感想が出てきたのは原作を読んでいることと、友達と観に行って、観た後に感想を話し合う時間があり、なおかつ同じ読書会の方とも劇場でたまたまお会いし、やはり感想を伝え合うということをしたからだと思います。もちろん、劇場で観た、ということも前提で。
こういう時間ってやっぱり大事。
私は基本映画(に限らずですがw)は一人が多いですが、映画サークルでの出会いや、会員になる意味ってこういうところにあるんやろうなあと改めて実感したりもしました。

呉ポポロでは、平日と土日祝で上映時間が違っているようです。
行かれる際はご確認をお勧めします。

***もん***

| 映画よもやま | 15:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT