次回例会は
『歌声にのった少年』(2015年パレスチナ映画)
  上映時間:1時間38分
2017年9月16日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『おやすみなさいを言いたくて』

例会作品として扱っている映画サークルもいくつかありました。

そういうこともあり観てみると。。


報道写真家のレベッカと、夫と二人の娘たちの家族の話。
レベッカが戦地に取材に行ってしまうことで、家族への様々な負担や影響が出てくる。
仕事への情熱、家族への愛、その両方を達成するというか満たすことはできないのか?
思春期を迎えた娘とのかかわり、娘たちを守り、妻の帰りと無事だけをひたすら待つ夫の気持ち。
不安、心配、さみしさ、いらだち。

長女・ステフ役のローリン・キャニーの演技に泣かされた場面が何回かあった。

8xDzstG3.jpg

カメラマンとしての自己実現、母親としての自己実現。両方をおもいきりやるのは不可能な事なのだろうか?
そういう葛藤と、今、世界で起きている衝撃的な事実を知ることができる映画です。

20150101070951.jpg

戦地をカメラに写すことの原動力が“怒り”というところにものすごく共感しました。
とてもしんどいけど、そこがなくなってしまうと、きっといいものはできなくなってしまうのだろう。。。


***もん***

| 映画よもやま | 05:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT