次回例会は
『歌声にのった少年』(2015年パレスチナ映画)
  上映時間:1時間38分
2017年9月16日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

奈良フェスティバル2016

全国映連・奈良フェスティバル行ってきました

9月24日(土)~25日(日)
ならまちセンター


全国の映画鑑賞団体が奈良に集まり
直面する課題を意見交換


第1分科会「会を楽しく元気にするには」報告

 第1分科会には加古川シネマクラブ、福岡映画サークル、京都映画サークル、奈良シネ
マクラブ、呉映画サークル、北九州映画サークル、上越映画鑑賞会、あなんで映画をみ
よう会、神戸映画サークル、横浜キネマ倶楽部、中津川映画祭実行委員会の11団体
から23名が参加して、各組織の現状で一番の課題を報告してもらい、どうしたら楽しく
元気にすることができるのかをさぐり出そうとすすめられました。
 共通する問題は①会員が増えない②会員と運営スタッフの高齢化③財政難など、楽し
く元気にする以前に毎例会赤字出す状況や会の存続を危惧する発言、あるいはスタッフ
みんな忙しく運営会議が成立するかどうかわからない、もう会員増加はみこめないなどの
現状も報告されました。
 大勢は厳しい報告の中、飛び入りの入会者に声かけ、さらには運営に力を貸してほしい
と手紙を書いたところ断れないと若いスタッフが増えた(加古川)、何もかも一人でやってい
た事務局作業をパソコンの出来る人に会員管理などお願いしたり発送作業など複数の人
にお願いしたりと事務局の人員を増やし改善しつつある(あなん)、機関誌編集・発行を手
伝いたいと若い人が事務局に来たり(神戸)、NHK番組の若い支配人効果で高田世界館
へ来る女性ボランティアが増えている(上越)、例会学習会で学んだことから映画見る楽し
みが変わり最近7人会員増やした(呉)などの発言がありました。その作業のなかで映画
の話をしないと若い人も引き付けられない(神戸)とも指摘がありました。
 高齢化の問題では、会員の平均年齢が67歳で後5年踏ん張れるか(京都)、代表者の
平均年齢が65歳(北九州)、会員スタッフ含め60歳以上(福岡)、日本一の老人県で他の
市民運動にも若い人いない(奈良)、会員ふくめ70歳前後(中津川)と悲観的ですが、若い
人にこしたことはないがたとえ若くなくても入会者はだれでも歓迎(北九州)と、入会者があ
ると会は刺激受け元気になります。
 映画サークルにとって楽しさは何なのか、各地の報告からまとめると、やはり大勢で観る、
いかに観るかの学習会を行う、見た後語ることだ(上越)、組織に入ることを嫌うきらいがある
が一度例会に来てもらい大勢で観る雰囲気を感じてもらうと魅力わかってもらえる(北九
州)、見た後会員のお店で語ること、語ることの楽しさがある(呉)、映画見て帰ってしまう
ことから、そう映画を見るか、こういう見方があるのではと会報通じて努力している(奈良)、
例会で無料のコーヒーサービス行いそこで話ができる(あなん)、あるいは、映画大学を行う
など大きなイベントに取り組むとしんどいけどやって良かったとメンバーに感動体験を共有で
きた(北九州)、映画大学や主演の永瀬さんを迎えての大きなイベントやると矛盾もあらわに
なるが組織が試され、メンバーが鍛えられる(呉)など全国行事との関係も出されました。
 一人でDVDで映画を観る、あるいは映画館で一人で観ることと、映画サークルで映画を見る
ことは何が違うのか。私たちの活動を一言でいうと、映画を集団でみることの追求ではないで
しょうか。集団でどう観るか、どう観たか、どう豊かに観るか、どう人や地域とつながるか、それ
らが楽しさの源泉で、スタッフがいきいきと楽しんで、そして組織そのものが楽しさを追求しない
と若い人に限らず人は引き付けられないのではないかとまとめられました。

                                    事務局 エンゾ

| 事務局より | 10:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kureeisa.blog85.fc2.com/tb.php/904-82855090

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT