次回例会は
『スノーデン』(2016年アメリカ・ドイツ・フランス映画)
  上映時間:2時間15分
2017年7月8日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『オーバー・フェンス』

サロンシネマにて観てきました。
『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』の原作者・佐藤泰志の小説が原作だということだったので期待して。。
キャンスティングも豪華だし、山下監督だし。。

うーん、しかし、私の好みではなかった。残念ながら。
なんとなく中途半端。原作はどうなのか分からないけど、まず登場人物の背景がいまいちわからない。
オダジョー演じる白岩については、途中、蒼井優演じる精神的に不安定な聡に煽られるような形で語らされる場面があるものの、
聡については過去はボンヤリ、未来に至っては想像ができない。白岩もそう。今後どうしていきたいのかとか、何をしたいのかがよく分からない。そういう人物ってことなのかな。。

聡がバイトしている遊園地に、夜、白岩と聡がいる時に二人の上に急に大量の羽が降ってきたり、最後の方に白岩のアパートの窓に、遊園地にいた鳥がいきなり現れてみたり、そういう非現実的な演出と、「現実」を描こうとするこの作品がミスマッチに感じた。いきなりファンタジー?!と。これは原作に忠実なのだろうか。演出?
しかし、エンドロールで原作が、『黄金の服』という一冊に収録されている短編だと知って妙に納得。
たしかにこりゃあ短編のにおいがする。。。長編のような濃さがない。ファンタジー演出は短編によくある要素。

355557_003.jpg


蒼井優の演技は、ちょっとなんだかもう飽き気味。(上からでごめんなさい)
数年前からズット同じ感じがある。何をやっても似ている。
ちょっとエキセントリックで不安定な役が多いからかな?
でも、「そういうのは私得意だし~」って、もしかしたら思ってる?もしかして蒼井さんももうお腹いっぱいなんじゃ?と思ってしまったりしました。。

236202.jpg


白岩は、オダジョーにしては口数の多い役だと思う。めっちゃ叫んだり大声出したりするし。オダジョーの声がたくさん聴ける。。


あ、あと、ネタバレだけど、ラストに白岩が聡に電話で「お前は、自分がぶっ壊れてるって言ったけど、おれはぶっ壊す方だから、俺の方がひどいよな」と言っていて、いやまあなんだろうか、そういう痛みみたいなものもわかるけど、これちょっと間違えば自意識過剰なだけだよ。。。そういう自分が好きなんだろ。。。
聡の乱れ具合もそうだけど、結局自意識の塊を観ているようで、違う意味でちょっとイタかった。誰しも傷付いて傷付けて生きていくんだよ。。自分たちだけが傷付いているみたいな言い方やめなよ。。。と思ってしまった。


ただ、白岩の元妻役でちょっとだけ出ている優香が上手かった。
優香ってこんな演技するんだ!と。これがこの映画の最大の収穫な気がする。。。

20160707-00000016-eiga-000-1-view.jpg

うーーーーん。。
原作読んでみるかな。。。


***もん***

| 映画よもやま | 05:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT