7月例会は延期となり 日程が決まりました!
『タレンタイム~優しい歌』(2009年マレーシア映画)
  上映時間:1時間55分
2018年9月8日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
映画会社のサイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『平成ジレンマ』

東海テレビドキュメンタリー。

言わずと知れた戸塚ヨットスクールの。

私の記憶の中では、とにかく「暴力的」
校長はうすら笑いを浮かべて、子どもに暴力をふるう。
そんな映像を子どもの頃にニュースで観て気持ち悪くなったことを覚えている。

で、この作品。
大人が子どもに、子ども同士で暴力。
いきなり冒頭から。怒りとめまいで吐き気。
劇映画じゃなくて、俳優じゃない人たち同士の演技でない暴力はショッキングとしか言いようがない。

校長は、堂々と暴力を肯定している。
しかも、「恥」で言う事を聞かせる、と。
子どもに人権なんかないんだな、彼の中では。
もっと驚くべきことは、そんな彼を、講師として呼んで講演会を主催している自治体や学校があるという事。
まじ?
何を学ぶんだい?
反面教師にするの?どうするの?

無理矢理、人を暴力や恥や負の感情でコントロールするから逃げ出す人は後を絶たないし、
その人が大人になった時、他人や家族とうまくやっていくことは出来るのだろうか?
何か問題に直面した時、対話で歩み寄らずに力づくで人を支配下に置こうとする人間性が身についてはいないだろうか?
ただのDVにしか思えん。

しかしだ。
作品がすすむにつれ、校長の話を聞くにつれて、なんだか心が揺らいでくる自分が居て恐ろしくなった。
校長を肯定する気も味方する気も全くないのだけど、
校長がそうするに至ったいきさつというか、今のこの子どもたちの生きづらさは誰が作ったものなのか?という問いかけと解についてはきっと答えはほぼ一致する気がする。
だからといって子どもに、人の暴力をふるうのは繰り返しになるが、絶対だめ。絶対ない。有り得ない。

main2.jpg

このもやもや感。『FAKE』以上かもしれない。

***もん***

| 事務局より | 05:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あけましておめでとうございます

昨年も、多くの方にたくさんお世話になりました。
大変感謝しています。ありがとうございました。

今年一回目の例会は『湯を沸かすほどの熱い愛』で、中野監督も来呉されます。
是非呉ポポロシアターにお越しくださいませ。

昨年は、12月に殆ど感想の更新ができなかったのが反省です。

今年も、もっといろんな人に機関紙用、ブログ用に感想を提供していただこうと思います。


***もん***

| 事務局より | 13:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

機関誌「映画と仲間」完成

1月例会
湯を沸かすほどの愛

機関誌完成

本日より宣伝開始します。
機関誌はこ36ページ。

2017湯を機関誌

                                 事務局 エンゾ

| 事務局より | 11:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『湯を沸かす・・・』宣伝物完成

『湯を沸かすほどの熱い愛』

ポスター、チラシ、カードなど宣伝物ができました。

もうすぐ機関誌「映画と仲間」が完成すると、

いよいよ宣伝開始です!

2017湯を沸かす3
▲ポスターに「監督トーク付き」のステッカー貼りつけました。

2017湯を沸かす2
▲駅前に出す看板

2017湯を沸かす1
▲A4サイズチラシとハガキ大カード

                                    事務局 エンゾ

| 事務局より | 16:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『飯館村の母ちゃんたち 土とともに』

こちらはしっかりドキュメンタリー。

とにかく明るい飯館村の母ちゃんたちの仮設住宅での日常をとことん描くことで、これまで村で積み上げてきた生活、暮らし、営みが崩れたこと、壊れたこと、歪められていることが描かれている。伝わる。

1飯舘村

福島県の飯館村。
村の全員が避難することになった場所。
2011年から2015年までの記録。
福島県伊達市での仮設住宅での生活。
初めは2年で帰れると言われ、2年くらいは頑張っぺ、と思っとった。
いつまで経っても帰られん。
でも、帰りたい。
母ちゃんたちは、自分たちの生業じゃった畑を仮設の近くにつくり、日々耕し、そこでできた大豆で味噌をつくる。
土地ならどこにでもあるよ、っちゅー問題じゃない、とゆうのがよくわかる。
きっと監督はそれを伝えたかったんじゃろう。

子どもと孫とみんなで暮らしとった母ちゃんたち。
飯館村を離れた。
子どもたちと離れた。
もし自分が戻れることになっても、孫たちを住ませるのは健康への影響から難しいのは分かっとる。
つまり、もう絶対に戻らん、故郷での暮らし。

「何十年後に飯館に誰かが戻ったときに、おれらが作っていた食べ物を、味を作ることができるように、のこしておきたい」

「やっぱりよお、福島が恋しいっぺ。千葉や埼玉に住めね…」

何てことが起きてしもうたんか、と絶望する。

うちは3年前に飯館村に行った。
ほんまに、ただ立ち寄っただけの傍観者でしかなく。
まちがそこにあるのに誰も住んでいない、その光景に、写真を向けることすらできなかった。

生活や暮らしが強制的に排除されてしまった場所。
すみたい場所にすめない。
こんな、非人道的なことがあるじゃろうか、と。
うちが今すぐ何かできんでも、忘れんとこう、って思う。
この感覚。

すばらしい映画でした。
かっこいい母ちゃんたちでした。

by ぼん

| 事務局より | 05:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

次例会宣伝開始

看板完成!機関誌完成!宣伝物完成!

わずか2枚の看板ですが、目につきますように!

機関誌「映画と仲間」も刷り上がりました。
A4チラシ、ハガキ大カードも出来上がり、
これより宣伝開始です。

2017ダニエル看板作製

2017ダニエル宣伝物

2017看板ダニエル

                                   事務局 エンゾ

| 事務局より | 11:04 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これ観たい

『裁き』

裁き

以下、公式HPよりコピペ

***

ある下水清掃人の死体が、ムンバイのマンホールの中で発見された。ほどなく、年老いた民謡歌手カンブレが逮捕される。彼の扇動的な歌が、下水清掃人を自殺へと駆り立てたという容疑だった。
不条理にも被告人となった彼の裁判が下級裁判所で始まる。理論的で人権を尊重する若手弁護士、100年以上前の法律を持ち出して刑の確定を急ぐ検察官、何とか公正に事を運ぼうとする裁判官、そして偽証をする目撃者や無関心な被害者の未亡人といった証人たち。
インドの複雑な社会環境の中で、階級、宗教、言語、民族など、あらゆる面で異なる世界に身を置いている彼らの個人的な生活と、法廷の中での一つの裁きが多層に重なっていき…

***


横川シネマで明日から公開です!

***もん***

| 事務局より | 12:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

9月例会終わる

台風が近づき、お足元の悪い中お越し下さりありがとうございました!

感想アンケートをなんとか書きやすくする方法は無いかと。。
下敷きを手作りし、上映直後にお渡しし、たくさんの方にご記入いただきました。

2017091601.jpg
(画素数悪くてすみません)

アンケート回収率の高さは呉映サの自慢できる点の一つだと思います。
映画を観て、それぞれ何かを感じ、語りたいことが生まれ、自分の言葉にする。
これって日常ではなかなかありえないこと。学生ならまだしも、大人になってしまった今、こんな機会って本当にない。
その機会を作れている一端がちょっとでも担えているのかも?という思いは私にとってはすごく重要な事で、、

感想を機関誌という形にしてお返しするということも、すごいなあと思います。

次回例会は11月18日です!
『わたしは、ダニエル・ブレイク』
ポポロにてお待ちしています!

***もん***

| 事務局より | 12:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『歌声にのった少年』例会学習会

『歌声にのった少年』例会学習会のご案内

とき 9月9日(土)13:30~15:30

ところ 呉映画サークル事務所

参加費 500円+1000円(交流会参加費)

講師 湯浅正恵さん(広島市立大学国際学部教授)

お話し 『歌声にのった少年』を見るためのパレスチナ基礎講座

参加申込み どなたでも可。9月7日までに事務局まで電話又はメールで申し込みを


2016湯浅正恵
▲湯浅正恵さん

先生よりメッセージ

今年はバルフォア宣言100年、第3次中東戦争から50年という区切りの年にあたり、

パレスチナ占領を考える重要な年です。

パレスチナ問題は、中東のアラブの春やシリア紛争とも深く関わり、現代のテロや

難民を考える上でも多くの示唆を与えてくれます。

この講座では国際問題としてのパレスチナ問題の概略を皆さんと共に学びます。

それが一人の少年の人生にどのように関わっていくのか、映画を観ながら、みなさん

おひとりおひとり考えてみて下さい。

                                   事務局 エンゾ

| 事務局より | 16:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

駅前常設看板が完成

駅前常設看板が完成しました!

やっと設置することができました。
呉駅東の森田食堂横に背丈2メートル20センチの
まるで映画館の案内のようなのが出現しました。

2017看板文字2
▲板を切りぬくため「呉映サ」だと難しいから「クレエイサ」としました。

2017看板文字>
▲割と難しいのが「ク」と「サ」

2017看板完成2

▲取り付け完了したところ

2017看板完成斜め
▲ちょっと斜めから

2017看板ポスト
▲ポストがあり、カードや入会申込書が入っています

                                    事務局 エンゾ

| 事務局より | 17:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT